新Macbookのm1チップとは

Appleのオンラインによる新製品発表会「Apple Event」が、日本時間11月11日午前3時から開催されました。SoCチップ「Apple M1」を搭載してリニューアルした「MacBook Air」の新モデル発表しました。

M1チップによって変わったコト

M1チップに内包された8コアCPUは、一世代前のモデル(1.2GHzクアッドコアIntel Core i7搭載MacBook Air量産モデル)に比べ、最大3.5倍の処理速度を実現。また、8コアGPUは前モデル(Intel Iris Plus Graphicsを装備した1.2GHzクアッドコアIntel Core i7搭載MacBook Air量産モデル)比で最大5倍のグラフィック処理速度となっています。さらに、16コアのNeural Engineにより最大9倍速い機械学習も可能に。

また、M1チップの優れた省電力性により、バッテリー駆動時間は前モデルから約6時間延びて、MacBook Air史上最長となる最大18時間を実現しています。

 

M1チップを搭載したMacBookAirは、ベンチマークテストでインテルを搭載した16インチMacBookProのパフォーマンスを上回っています。

学生・教職員向けストア

アップルの学生・教職員向けストアで、MacかiPadを購入すると、学割が受けられます。

さらに今Macを買うと、Apple Storeギフトカードをさしあげます**。4月20日まで。

https://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/buy-mac/macbook-air

通常Intel Core i5内蔵パソコンの値段で、Intel Core i7よりも高性能のM1チップ内蔵PCを手に入れるので、お勧めします。

 

 

Add a Comment

Your email address will not be published.